シネ☆MAD 3rd 2009年02月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  TOP



シネ☆MAD2nd開幕!

企画マイリストはこちら

OP




2/28

19:15~20:00  哀川翔P×しかばねP


20:00~21:00  オーキドP×木曜洋画劇場P


21:00~23:30  陽一P×kakaoP×947daP




3/1

19:00~20:00  ておくれP×どん底P


20:00~21:00  むらたんP×麦茶P


ピジャP×てつろ~P


とりあえずビールP×ゆさP


おまんP×わかむらP


エンディング


お知らせしておりました時間から大幅に遅れての公開となりました。
大変お待たせいたしましたことを深くお詫び申し上げます。



3/2追記:
本日、各制作チームによる特製壁紙を公開いたしました
URLは各動画の作者コメントにてお知らせしておりますのでご確認ください。

スポンサーサイト

2009/02/28 19:01 | シネ☆MAD 2ndCOMMENT(8)TRACKBACK(0)  TOP



シネ☆MAD 2ndついに始動!

CM第二段公開しました。


2/21から、参加動画のレビューを連日掲載しています。

第一弾はピジャP&てつろ~Pチームの動画のレビューになります!
第二弾はておくれP&どん底Pチームのレビューです。
第三弾はむらたんP&麦茶Pチームのレビューです。
第四弾は陽一P・kakaoP・947daPチームのレビューです。
第五弾は哀川翔P&しかばねPチームのレビューです。
第六弾はおまんP×わかむらPチームのレビューです。
第七弾はとりあえずビールP&ゆさPチームのレビューです。
第八弾はオーキドP&木曜洋画劇場Pチームのレビューです。




  追記:終了しました。
  --------
  2月27日から3月1日にかけて、ニコニコ生放送で行なわれる「如月千早誕生祭~72時間生放送~」へ、「シネ☆MAD 2nd」が出演します!

  時刻:2月28日午前1時スタート(30分間)
  出演者:哀川翔P、桃月P、わかむらP


  内容は「シネ☆MAD 2nd」の宣伝をさせていただくことになっています。また、ニコニコ生放送の状況によって、時間帯等が変更される場合もありますのでご了承ください。詳しくは「如月千早誕生祭~72時間生放送~」の公式サイトをご覧ください。




今回のCMも前回に引き続き新島氏によるCMがついに2/13にUPされました。



参加者紹介はこちら   ストーリー側P  PV側P

これから月末までよろしくお願いします。




わかむらP、おまんPペアの単独CMも公開されています。是非ご覧あれ!






シオミヤ イルカさんがpixivにて支援イラストを掲載されました。
(ご覧になるにはpixivのアカウントが必要です。)


ベルナール・リヨ3世さんもpixivにてロゴからイラストを載せて下さっています。
こちらからどうぞ





シネ☆MAD 2ndについて

<カップリング>
AオーキドP 木曜洋画劇場P
B哀川翔P しかばねP   
CおまんP わかむらP     
DむらたんP 麦茶P     
EておくれP どん底P   
FとりあえずビールP ゆさP 
GピジャP てつろ~P 
H陽一P kakaoP 947daP(暫時氏)


<広報協力>
新島氏(CM第一弾作成)
ベルナール・リヨ3世(ロゴ提供)
シオミヤ イルカ氏(サムネ&イラスト提供)
ともきP(サムネ&イラスト提供)
ダムP(イラスト提供)
masaminP(ロダ・ftp鯖提供)

<運営>
主催:哀川翔P
構成:桃月P
補佐:赤ペンP

2009/02/27 21:37 | シネ☆MAD 2ndCOMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP



『天空のみきまこ』先行レビュー

先行レビュー第八弾、最後の作品は、オーキドP&木曜洋画劇場Pチームの「天空のみきまこ」です。レビュアーは「荒川河川敷」のarakawa77氏です。



『天空のみきまこ』先行レビュー
天空のみきまこ

続きを読む »

2009/02/27 21:07 | 先行レビューCOMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP



『ハルカ大戦』先行レビュー

 先行レビュー第七弾は、とりあえずビールP&ゆさPチームによる「ハルカ大戦」。レビュアーはtloPです。



『ハルカ大戦』先行レビュー
ハルカ大戦

続きを読む »

2009/02/26 21:34 | 先行レビューCOMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP



『覇道』先行レビュー

先行レビュー第六弾は、おまんP&わかむらPチームによる「覇道」。レビュアーは「敷居の先住民」の敷居氏です。



『覇道』先行レビュー
覇道

続きを読む »

2009/02/25 21:21 | 先行レビューCOMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP



『765~封鎖された渋谷で~』先行レビュー

先行レビュー第五弾は、哀川翔P&しかばねPチームによる「765~封鎖された渋谷で~」。レビュアーは「ティンときた! -勝手にまとめるアイマスMAD-」のキリコ氏です。



『765~封鎖された渋谷で~』先行レビュー
765~封鎖された渋谷で~

続きを読む »

2009/02/24 21:35 | 先行レビューCOMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP



『Abyss in Heaven』先行レビュー

先行レビュー第四弾は、陽一P・kakaoP・947daPチームによる『Abyss in Heaven』。レビュアーは「続・空から降ってくるので」のカズマ氏です。



Abyss in Heaven

続きを読む »

2009/02/23 21:42 | 先行レビューCOMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP



『宇宙刑事シャイダー』先行レビュー

先行レビュー第三弾は、むらたんP&麦茶Pチームによる『宇宙刑事シャイダー』。レビュアーは語り部Pです。



『宇宙刑事シャイダー』先行レビュー
宇宙刑事シャイダー

続きを読む »

2009/02/22 19:24 | 先行レビューCOMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP



『私の愛は必要ですか?』先行レビュー

  先行レビュー第二弾は、ておくれP&どん底Pチームによる『私の愛は必要ですか?』。レビュアーはcocoonPです。



『私の愛は必要ですか?』先行レビュー
私の愛は必要ですか?

続きを読む »

2009/02/22 19:13 | 先行レビューCOMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP



『無乳逆流れ』 先行レビュー

先行レビュー第一弾では、ピジャP&てつろ~Pチームが製作する
『無乳逆流れ』をなんと、知る人ぞ知るあのろじっくぱらだいすのワタナベ氏にレビューしていただきました。



『無乳逆流れ』先行レビュー
無乳逆流れ

続きを読む »

2009/02/21 22:11 | 先行レビューCOMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP



参加者紹介 PV側P

PV側P 参加者紹介


木曜洋画劇場P
「ニュー・ニコマス・パラダイス」シリーズで名を馳せた、嘘字幕シリーズの代表格の一人。挟み込まれるネタの確かさはもちろんだが、単に「ネタ動画」という言葉では括れない、作品全体に流れる豊かなエンターテイメント精神。それは映画とアイマス、それぞれへの畏敬の念が根底に流れているからこそ。さて、シネ☆MADという舞台では、得意の映画とのコラボで魅せてくれるのか、はたまた新しい何かを用意してくるのか、興味は尽きない。





しかばねP
ミクノートの作者、と書けばピンと来る方も多いはず。ニコマスの作品は決して多くないが、その絶妙なセンスは、全てにおいて遺憾なく発揮されている。そして特筆すべきは、iM@S Collaboration Festivalにおいて見事にベストカップルを受賞したその実績。パートナーとの合作に何の心配があろうか?その時のパートナー・ゆさPとはお互いパートナーを変え、共にまた新たな可能性を模索する事になる。





わかむらP
もはや説明不要の重鎮が、前回に引き続いていざ、参戦。自らを「765プロから外注を受けて製作する映像ディレクター」と位置づけ、曲やキャラ、アイマスとのマッチングにこだわる映像作りの姿勢は、PVとしての揺るぎない世界観を作品に宿す。そしてその手腕が物語との相性も抜群である事は、前回のシネ☆MADでも証明済み。今回はどんな物語を、どんな形にして我々に見せてくれるのか、要注目。





麦茶P
ニコマス界における「混ぜるな危険」という言葉の象徴的存在。その発想の飛躍っぷりには、もはやマッシュアップという表現も生ぬるい。ただインパクトを残すだけで終わらない、確かな技術の上に存在する「ありえそうにない組み合わせ」へのチャレンジ精神は、間違いなく新しい何かを生み出すためのキッカケとなりうるに違いない。果たしてそれは創造への破壊か、破壊への創造か。





どん底P
何も知らずにどん底Pのカクテルパーティー参加作を見たら、それがアイドルとテーマと時間に縛られた作品だとは気づかないだろう。題材を咀嚼し、オリジナルなものに再構築する力があるからこそ、何の違和感もなく、自然で濃密な時間を華麗に演出することができる。シネ☆MADで与えられる、あらゆる縛りのない状況とパートナーの存在という"題材"をどう消化して見せるのか、目が離せない。





kakaoP
数多くの祭りや企画の裏方として活躍する、縁の下の力持ち。自らが表舞台に立つことは少なくとも、時折垣間見せる作品の切れは確かなものを感じさせる。何より企画の主催者が寄せる絶大な信頼こそがその実力の何よりの証。その裏方に徹して他人を輝かせる技術が、パートナーと共に作品を作るこのシネ☆MADにおいて表舞台に現れた時、それは確実に大きな武器となるに違いない。





ゆさP
「あずマンガ日和」シリーズで視聴者への癒しを提供する力の裏に徹底して妥協を排除する姿勢と絶え間ない努力がある事を、しかばねPとのコンビで証明して見せたiM@S Collaboration Festival。先日の新年会でも遊太郎P、h氏と共に「微熱大陸」でコラボを奏でている。その決してブレない芯の強さを求心力として、パートナーと共に新しい表現への道標へと突き進んでくれるに違いない。





てつろ~P
DLC配信時に大活躍を見せるプロデューサー、と言えばこの人。それは裏返せば「徹底」と「探究心」の何よりの表れとも言えるだろう。クオリティの高い動画を生み出す確かな土台の上に、パートナーがもたらすインスピレーションで、持ち前の探究心に火をつけた瞬間こそ、新しい何かを徹底的に追い求めていくスタートの時なのかもしれない。その一瞬をシネ☆MADという舞台で見逃すこと無かれ。





ライター:赤ペンP




イラスト&ロゴ提供者紹介

ダムP
ニコマス初期から完成度の高いPVでその名を轟かせていたプロデューサーが、突如として「描いてみた」作品を上げた時、誰もがそのクオリティに驚嘆の声を上げた。しかしその驚嘆がいささか性急に過ぎた事を、我々は知ることになる。単純なイラストとしての完成度もさることながら、それを生かし、"魅せる"ための構成や間合いに至るまで自在に操る"魔術師"。その魔力でシネ☆MADをさらに彩ってくれるに違いない。







ベルナール・リヨ3世
 ニコニコ動画においては、へぼピーナッPと共に制作された2本の動画があまりにも有名。デフォルメされたアイドルたちのコミカルな姿を見ていると、いつしかこちらも笑顔で元気になっている。当企画のロゴとして集まってくれた彼女たちが、開催期間中いつもあなたに元気をくれることでしょう。





シオミヤ・イルカ氏
 pixivにおいて連載されているアイマス架空戦記「RAiM@S」シリーズの作者。ニコマスや「閣下」が題材として扱われており、多くの支持を集めている。繊細なラインで描かれたアイドルたちの闘いは舞い踊るように美しく、かの双眸はあなたを大いに魅了するだろう。今回の企画でも、アイドルの華麗な姿を見ることができるはず。





ともきP
 手描きイラストによるストーリー作品を展開しているともきP。処女作のような短編から「逆転裁判春香」のような長編まで、わかりやすく、しかし意表をつく展開も含んだ作品作りで人気を博している。ある意味ともきPのトレードマークともいえる、丸っこくてかわいいアイドルたちが、今回の企画にも華を添えてくれている。




ライター:赤ペンP、桃月P

2009/02/13 22:04 | シネ☆MAD 2ndCOMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP



参加者紹介 ストーリー側P

ストーリー側P 参加者紹介

オーキドP
「オーキド春香」とも言われる独特のキャラ付けや「ネタ☆MAD」開催の経緯などから、カオスという印象をもたれているかもしれない。しかしそれらカオスの部分はきちんとした地盤があるからこそ作品として成り立つもの。オーキドPも丁寧な作品作りと非常に柔軟な発想、そしてネタのためには一切を惜しまない姿勢という地盤によって、他のPの作品にはない独特の世界を作り上げている。実写に定評のある二人によってどんな新しい世界が創られるのだろうか。




哀川翔P
 NovelsM@sterというジャンルの草分け的存在となった「春香たちの夜」は、視聴者参加型ストーリー作品の草分けともなっている。しかもその中ではアイドルの死、しかももったいぶらず、いともあっけなく死んでしまう場面が扱われた。普通なら避けようと考えてしまう表現でも、きちんとした理由の中で恐れず用いる大胆さが、ストーリーの重みを増し加えている。他よりもさらに一歩踏み込んだ表現がこのたびも見られるのかどうか、注目したい。





おまんP
 おまんPによって描かれた凄まじく強烈な個性を持つアイドルたちは、反発を招くどころか多くの人から支持された。ここまで飛びぬけて強烈であったからこそ支持されたという面もあるだろうが、やはり強烈な中にも愛すべき魅力を見出すことができたからこそ、視聴者はこのアイドルたちを支持し、胃を痛めながらも愛着を抱くことができたのだろう。果たして今回はどのようなアイドル像が描かれるのか、待ち遠しい限りである。





むらたんP
「これぞ戦隊もの」というお約束が満載のスイハンジャーシリーズ。そのお約束には、個性的でどこか憎めない悪役たちの存在ももちろん含まれている。それぞれが当たり役で十二分に魅力を発揮するアイドルたちと、彼女たちに引けをとらない存在感をもつ敵たちの掛け合い、そしてダンスモーションを使った躍動感あふれるアクションシーンを見ていると、いつしか童心に帰ってワクワクドキドキさせられるはず。果たして今回もお約束で魅せてくれるのか、それとも?





ておくれP
 今やim@s架空戦記を代表するシリーズのひとつとなったアイマスクエスト。ほとんどの視聴者が気づかないような細かい演出にも気を配り、意味を持たせ、伏線を張り巡らして壮大なストーリーを展開している。多くの支援が作品をより魅力的にしているのは確かだが、その支援の力を最大限に取り入れ活用するておくれPの手腕は誰もが認めるところだろう。神経の行き届いたシナリオで、今回はどのように我々を唸らせてくれるのか、とても楽しみ。





とりあえずビールP
「間(ま)の見せ方」がなによりの魅力。台詞と台詞の間に入る絶妙な表情を見れば、文がなくとも自然にアイドルの心情が見えてくる。行間の持つ魅力をここまで大いに活かしている作品は、ニコマス広しと言えども他にそう多くないだろう。また22回までの総集編が3分25秒という短さは、とことん簡素な作りでありながら面白さを全く損なわない、とりあえずビールPの手腕をよく表している。普段よりもずっと長いシナリオ作りにおいて、この魅力がどう発揮されるのか目が離せない。





陽一P
 映像での演出は最低限に抑え、言葉でぐいぐいと読者を引き込む。その文章力はニコマスにおいて間違いなくトップクラス。自他共に認める「中二病」の作風が嫌味となることはなく、むしろ場面を最大限に盛り上げるのに最適なエッセンスとなっている。人物の「陰」が描かれることが多いのも、作品の不思議な魅力を増すのに一役買っているかもしれない。強力なチームメイトと共に作られる作品は、陽一Pの新たな力を見せてくれるに違いない。





ピジャP
 様々な「描いてみた」動画において独特のタッチを披露しているピジャP。ストーリー作品においては題材に「サイレントヒル」を選び、「アイマス×ホラー」というあまり見られないコラボレーションに挑戦している。人物や背景はもちろん擬音に至るまで全編が手描きで構成され、他の作品にはない迫力を生み出している。他の作品においても、画面構成や展開は既存のものにとらわれない自由なもの。今回もきっと我々の常識を覆すものを見せてくれるだろう。





947daP
 投稿数こそ少ないものの、いずれも爆発的な人気を誇る手描き系作者。「紳士の社交場」やアニメED再現、そしてオリジナルのアニメOP風作品と、確実にハイクオリティの作品を送り出している。今回はストーリーでもPVでもなく、シネ☆MAD初の絵師枠での参戦。アイドルたちの可愛らしさや美しさが、凄腕スタイリストによってどこまで高められていくのか、是非ともこの目で確かめたい。





ライター:桃月P

2009/02/13 22:00 | シネ☆MAD 2ndCOMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP



シネ☆MAD 2nd  って何?

1.シネ☆MAD 2ndとは
2008年8月30.31日に開催されたシネ☆MADの第二弾企画です。
製作者側、視聴者側から一定の支持を得ることが出来たので
早くも第二弾を企画する運びとなりました。


2.企画コンセプト
曲が持つ世界観と、アイマスが持つ世界観を様々な形で融合させて
独自の世界を生み出すPV系MAD。
展開される様々なドラマをアイドルたちに演じさせる事で
新たなストーリーを開拓していく架空戦記。
手法は違えど、共に「新しい何か」を生み出そうとするそれぞれの力の
コラボレーションで、また新しく生まれてくる何か。
アイドルだけでは、変わらない。
曲だけでは、追いつかない。
ストーリーだけでは、語りきれない。
一人だけでは、届かない。
それぞれの思いの丈を詰め込んで、新しい何かを生み出したい。

そんな新しい表現の世界の創造に、一緒に挑んでみませんか?




3.スケジュール

2月13日 参加者紹介CM発表

2月21日 参加動画紹介CM発表

2月21~27日 参加動画先行レビュー開始(詳細は後日)

2月28日 本編初日

3月1日  本編最終日


5.運営

主催;哀川翔P
構成:桃月P
補佐:赤ペンP

2009/02/13 21:56 | シネ☆MAD 2ndCOMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP



 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。