シネ☆MAD 3rd 『私の愛は必要ですか?』先行レビュー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  TOP



『私の愛は必要ですか?』先行レビュー

  先行レビュー第二弾は、ておくれP&どん底Pチームによる『私の愛は必要ですか?』。レビュアーはcocoonPです。



『私の愛は必要ですか?』先行レビュー
私の愛は必要ですか?

 
もし、765プロのアイドルたちがそれまで体験した事のないような困難な状況に置かれたら、彼女たちはそれを乗り越えることが出来るだろうか? それともただ、怯える子猫のように呆然と立ち尽くしてなにも出来ないだろうか?

“膝立ちで祈るように声を出す――私はここに居ます あなたは何処ですか?”

本作は、律子とP、そして本作の主役である雪歩が遠征コンサート中に大震災に見舞われた顛末を描いた動画だ。
「強い子になりたい」と願う雪歩と、「プロデューサーになりたい」と望む律子。ふたりのアイドルそれぞれの最終目的は、アイドルマスターのゲーム中や公式スピンアウトでも、また二次創作のストーリーでもともに頻繁に語られるテーマ。映像には3Dソフトも用いられ、アイマス本編のゲーム中とは異なった目新しいものとして展開される。
災害の描写のについては必要以上に凄惨な場面などもなく、またところどころにコミカルなやり取りが散りばめられているため、重苦しい雰囲気を受けずに安心して視聴することができる。とくに、序盤から中頃へ話が展開していくあたりの、ある種場違いともいえるシーンの描写は必見。地震で死ぬ前に萌え死ぬかもしれない。

基本的には地震により動揺している雪歩の視点で、MASTER ARTISTシリーズでもコンビになった、何かにつけ対照的なふたりの行動が如才なく綴られてゆくので、飽きずに一気に全編を見る事が出来るだろう。アニメの1回の放映分程度の長さもちょうどよい塩梅だ。

メロキュア(岡崎律子&日向めぐみ)の主題歌も効果的に使用され、視聴後はさわやかな気分になっているだろう。きっと雪歩と律子のユニットをプロデュースしたくなるに違いない。




レビュアー:cocoonP
ブログ:にこ繭。

スポンサーサイト

2009/02/22 19:13 | 先行レビューCOMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。