シネ☆MAD 3rd 『ハルカ大戦』先行レビュー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  TOP



『ハルカ大戦』先行レビュー

 先行レビュー第七弾は、とりあえずビールP&ゆさPチームによる「ハルカ大戦」。レビュアーはtloPです。



『ハルカ大戦』先行レビュー
ハルカ大戦

 今回レビューさせていただく「ハルカ大戦」は、アイドルマスターとサクラ大戦をコラボした作品です。サクラ大戦について全く知らない、という方は少ないでしょうが念のために説明します。
 サクラ大戦
 以上、webって便利です。

 作品の紹介を始める前に、ニコマス上でのアイドルマスターとサクラ大戦について振り返ってみましょう。こちらのタグをごらんになると分かるとおり、この二作品のコラボ作品はニコマス最初期から存在しています。
 アイマス歌劇団
 ゲームから始まり、ラジオ、アニメ、コミック、そして声優さんによるコンサートやミュージカルまで、ムーブメントとしてのサクラ大戦は、現在我々が体験してるアイドルマスターのそれと殆ど相似形です。これだけ早期からコラボ作品が存在するのは、サクラ大戦を支持したファンがそのままアイドルマスターになだれ込んだ原因も考えられます。
 ですがアイドルマスターとサクラ大戦の親和性は、これだけに限りません。なにより大きいのは、両作品の持つテーマ性だと思います。サクラ大戦の登場人物達は、単なる「戦士」ではないのです。確かに彼女たちは超常の力をもつ戦士なのですが、悪と戦うと同時に人々の心の闇を払う役割も担わされています。彼女たち帝国華撃団は実際に舞台に立って、歌い、踊り、演じることで夢や希望を体現するのです。そう、彼女たちは「アイドル」なんですね。

 以上、前置きをした上で本編のレビューです。始まるとまず、サクラ大戦世界の説明が始まります。知らない人には親切で、知ってる人には懐かしい口上です。で、ここで注意して欲しいのが「太正17年」という年号です。
太正17年
 実はサクラ大戦世界では太正17年の帝都については語られていません(PS2で発売された最新作は1928年アメリカはニューヨークが舞台だったりします)。この作品は、サクラ大戦の登場人物にアイドルマスターの登場人物を当てはめたものじゃないのです。事実、サクラ大戦の登場人物への言及が作品内でちらほらと為されます。つまり春香が守るのは、かつてサクラが命をかけて守った帝都なのです。ファンにとってはたまらない設定ですね。 で、そんなワクワク感を抱いて作品を見終えた私の感想ですが……


 続編希望!!




レビュアー:tloP
ブログ:さけとばらのひび

スポンサーサイト

2009/02/26 21:34 | 先行レビューCOMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。